住宅ローンの比較は宅建業者が詳しいです

宅建業者は住宅ローンの格好の相談相手です

自宅を購入する際は不動産会社、ハウスメーカーなどの宅建業者から購入することになりますが、宅建業者は住宅ローンに関して詳しく知っていますので、頼りになります。
宅建業者は顧客が住宅ローンを借りられなければ不動産物件を販売することはできません。
そのため、多くの銀行の住宅ローンに関して詳しくなるのです。

どの銀行から借りるのが良いか聞いてみましょう

年収や勤務先などの条件によって審査の厳しい銀行と緩い銀行があることも知っています。
購入価格の何割までローンが組めるかという融資比率に関しても知っています。
また、金利などの融資条件に関しても詳しくなっています。

相談する際の注意点

宅建業者は審査が通りそうな銀行を顧客に紹介します。
審査の厳しい銀行を紹介して融資が受けられなければ不動産売買は中止になってしまいますので、顧客の条件によって紹介する銀行を変えるのです。
金利などの融資条件はローンを組む人にとっては重要ですが、宅建業者にとっては二の次であって、融資の審査が通ることが最も重要になります。
そのため信頼しすぎることなく、あくまでもアドバイスとして聞くようにしましょう。

宅建業者が紹介する銀行から借りやすいことは事実です

大規模な住宅開発やマンション建築の場合には、提携ローンを銀行との間で締結していることがあります。
これは、提携した銀行が不動産の担保価値などを事前審査して、購入者の年収や勤務先などの条件によってスピーディーに審査をする仕組みです。
提携ローンがある場合には宅建業者はその提携銀行を基本的には紹介することになります。
多くの銀行は宅建業者に対して営業活動をしており、宅建業者からローンの紹介を増やすことに注力しています。
住宅を購入したい人にとってもローンの審査が通ることは重要であって、ローンを借りられなければ気に入った住宅を購入できなくなってしまいます。
ローンの審査関係は宅建業者に相談すると情報が多くて安心です。