住宅ローンの借り換えをシミュレーションしてみましょう

借り換えシミュレーションの要件

住宅ローンの借り換えをして金利を引き下げて返済負担を軽減したいと考える人は少なくありません。
あるいは、返済額が今までと同額で返済期間を短縮化して早期に完済することを計画する人もいます。
その場合には、金利低減によるメリットと借り換えに伴うコストを比較して、トータルでメリットがあるかどうかを試算します。

借り換えシミュレーションの実践

コストとしては、司法書士の手数料を含めた不動産担保の登記料、印紙代、保証料、銀行の手数料などがあります。
シミュレーションは銀行の窓口でもできますが、銀行のホームページなどネットでも可能になっています。
あるいはフィナンシャルプランナーなどに相談しても試算してくれます。
マネー雑誌などを活用しても簡単な試算は可能です。

借り換えだけがメリットとは限らない

借入の残高が多い場合にはメリットが出るケースが多いですが、残高が少ない場合には金利が下がってもメリットが出ないこともあります。
多くの銀行では住宅ローンの肩代わりを推進するとともに、肩代わりされることを防衛することにも注力しています。
そのため、住宅ローンの借入をしている銀行に相談すると、金利を下げる提案をされることもあります。
これは肩代わりされることを避けるために、敢えて金利を下げる場合です。
契約書の印紙代や手数料が発生することもありますが、銀行を変更することなく金利が下がるので大きなメリットがあります。

まずはシミュレーションの上、銀行に相談してみましょう。

また、新しい銀行に相談すると借り換え専用の特別な低金利をキャンペーンなどと称して用意していることもあります。
このような金利引き下げや特別金利は肩代わりされることを防衛する目的と、肩代わりの推進の目的だけの施策ですので、店頭のポスターやホームページには掲示されていません。
一般には公表されていませんので、銀行の窓口で個別に相談してみなければ分かりません。