住宅ローンを借りる環境には適した時期です

なぜいまが住宅ローンを組むのに最適な時期と言えるのか?

現在は金融緩和が進んでおり、超低金利の環境にあります。
銀行などの金融機関は金融緩和の影響で貸出増強に注力しています。
その結果として住宅ローンについても、多くの銀行が低金利商品による貸出増強の競争をしていますので、借手が銀行を選択できる環境にあります。

住宅ローンは借りて優位の時代

銀行は少しでも多くの顧客を獲得するために、金利の引き下げ競争をしていますし、融資の審査基準も緩くなっています。
インターネットの比較サイトやマネー雑誌で銀行間の比較が簡単にできますので、少しでも有利な条件の銀行を選択する動きが加速しています。
消費税の増税の影響で住宅の販売が鈍らないように住宅ローン減税は過去にないくらいメリットの大きな運営が継続されています。
年末調整で多くの税金が戻る人も少なくありませんので、その意味でもローンの利用者にとって環境は好転していると言えます。
東京オリンピックを控えて建築関係は活況になっていますが、マンションや住宅の価格が高騰しています。
この現象は東京が中心ではありますが、全国的に波及しています。
そのため地方であっても基本的に違いはありません。

堅調な住宅需要を見込んで不動産の価値も上昇しています

銀行は不動産価格が上昇すると担保価値が上昇しますので、住宅ローンを融資するには適した環境になっています。
当然のことながら融資金額が多くなると返済負担も大きくなりますので、年収や勤務先や勤続年数などによる審査は、今まで以上に厳格に実施される傾向にあります。
しかし担保の評価が高まることは融資の環境として好ましい状態であることは間違いありません。
景気は回復基調にあって、個人所得も増加していますので、今後も住宅需要は根強いと見られています。
それを支えているのが銀行によるローンであって、金融緩和政策が継続されることは頼りになります。