高価な住宅の購入がなぜ日本では続いているのか?

日本では不動産神話が根強く根付いています

日本人が不動産の物件を買うという事はとてもいいことです。
それは、賃貸で物件に住んでいて、毎月に渡って家賃を支払っていても物件が自分の所有物にはならないからです。
その点では、不動産の物件を買ってしまう事は、自分の所有物となるのですから老後の心配が無くなるいいことなのです。

住宅購入のメリット

また、住宅を買ってしまえば、メリットがあります。
それは、住宅という建物を持っているだけではなくて、土地も持っているという事になるからです。
いわば、建物と土地を両方持っているという事になるので、安心感が生まれてきますし、ステータスを得る事が出来るのです。
これは大きなメリットです。

住宅購入のデメリット

しかし、住宅やらマンション等を買う時には金銭的には大きな出費になって来ます。
そこで、利用するものに住宅ローンがあります。
このローンを利用する事によって、一括では買うことが出来ない大きな金額ものでも買うことが出来るようになるのです。
さらに減税などのおまけもつきますので、現在、住宅ローンを組むことには細かなメリットもあります。

住宅ローンを返済するにあたって

しかし、返済をして行かなくてはいけません。
返済をしっかりとして行くためには、自分の出費などをしっかりと把握する事が大事になって来ます。
そこで、住宅ローンを安定して返済して行くにあたっては、改めて自分の普段の生活における出費を見直すことが大切となります。
例えば、いままでは家計簿を全くつけてこなかったという人の場合は、家計簿をしっかりとつけて行く事が重要です。
家計簿をしっかりとつける事によって、自分の出費を理解できますし、また、より出費に関してや家計に関して意識が高まってくるのです。
ですから、自分の無駄な出費を改善するためにも、自分の意識を高めるためにも、家計簿をしっかりとつけて行って、ローンを返して行く事がいいのです。